車輌盗難、車上荒らしによる被害にはカーセキュリティの装着が有効です。 当店ではカーセキュリティに関するご相談を随時受付中です。  
ガレージバウムのポリシー
カーセキュリティについて
インストレーションについて
装着までの流れ
SECURITY よくあるご質問
取扱い製品
お問い合わせフォーム







 
   
 
カーセキュリティには、「盗難警報装置」と「盗難防止装置」の2種類があります。
専門店が一般に取り扱っている製品はその両方の機能を持ったものがメインになっており、当社も例外ではありません。
   
 
(イラスト提供:加藤電機ウェブサイトより)
 
 
衝撃検知
ドア開検知
ボンネット開検知
トランク開検知
エンジン始動検知
 
カーセキュリティの役割や働き

盗難警報機能

セキュリティに装備されているセンサーの主なものとして@ドアセンサ、Aトランクセンサ、Bボンネットセンサなどのスイッチ系。これは不正なこじ開けを防止するためにほとんどのメーカーが標準で装備しており、強引なこじ開けを検知すると専用サイレンで警報します。
またショックセンサ(振動センサ)という純正アラームにはほとんど装備されていないセンサーが標準なのが社外品の大きな特徴です。
これはその名のとおり車輌に与えられた衝撃を検知し、弱い衝撃には警告音、ガラスを割られるなどの強い衝撃には警報を発して犯人を威嚇。同時に周囲に異常を知らせる役割を担っています。

盗難防止機能
セキュリティのもうひとつの重要な役割が車輌そのものの盗難を防止するというもの。 最近になってイモビライザーを標準で装備するクルマが増えたおかげで以前よりは被害は少なくなりました。しかし車種によっては今だ被害が続いているのも事実です。※近年ではイモビカッターを使用した犯行もあり、純正イモビ装備車でも被害に遭っています。

純正イモビが付いていないクルマはもちろん、装備車であってもさらにセキュリティに標準のイモビを追加する事でさらに安全性が高まります。(警戒中は純正キーでもエンジン始動ができません)




ガレージバウムはセキュリティを代表する一流メーカーから認定を受けた正規販売店です


 
ガレージバウムは県内唯一の Grgo(ゴルゴ)SPS認定店です。
取り付けからアフターサポートまで、安心してお任せ下さい!
     
 
ガレージバウムはPanthera-認定店です
国産最強との呼び声高いパンテーラを知り尽くした当店におまかせ下さい!
     
 
当社は、世界で認められたセキュリティ『クリフォード』の正規販売店です



 
 
 



                       SECURITY TOPHOMECONTACT US
                  copyright(C) garageBAUM All right reserved.