盗難多発車への防犯対策には、車種に応じた機種選び・施工プランが重要です。ガレージバウムでは多くの車種への施工実績と経験を元に独自のインストール技術を駆使して愛車をガードいたします。 ご相談はお早めにどうぞ  

トヨタを代表するミニバン アルファード&ヴェルファイアがフルモデルチェンジしました。ビジネスクラスの乗り心地と安全性を兼ね備えた高級サルーンへと進化したアルファードは、海外でも人気が高く、その事も影響してか日本国内において盗難が増えています。

毎年更新される日本損害保険協会の「車名別盗難状況」によると、アルファードは2021年の調査で4位、2022年に3位、そして昨年2023年にはプリウスを追い越し、ついに2位にまで上がって来ています。このことからアルファード(ヴェルファイア7位)は盗難対策が必須の車種である事がお分かり頂けると思います。(詳細はこちら

近年の盗難は昔のようなピッキングや強引なガラス割りによる手口ではなく、リレーアタックやCANインベーダーといったデジタル機器を駆使した盗難が主流になっており、純正イモビライザーや純正アラームでは太刀打ちできない時代になってきています。

そこで、大事な愛車を守るためガレージバウムでは "安心できるセキュリティプラン" として 防犯性の高さはもちろん、ご予算や使い勝手などを含めてお客様にとって最適なシステムをご相談のうえ、ご提案させて頂きます。



お取り扱いメーカー

オーサーアラームIGLA
Grgo-VUシリーズ
Panthera-Yシリーズ
(施工期間:約1日)
(施工期間:約3日)
(施工期間:約3日〜)


弊社は上記各メーカーより認定を受けた販売・施工店となります。
ご相談から取付、アフターまで安心してお任せください。
お客様のご要望を詳しくお聞きし、おクルマに最適なオプションを含めた安心できるシステムをご提案させて頂きます。


ご相談につきましては、お電話にてご予約のうえ 直接ご来店をお願いしております。
お客様に最適なシステムをご提案させて頂くにあたって、詳細な打ち合わせが必要となりますので、お電話での「見積り依頼のみ」はお受けできません事、ご理解をお願い致します。

ご来店予約に関しまして
平日でしたら比較的何時でも大丈夫ですが、土・日は予約が集中しますので、早めのご予約をおすすめいたします。






ドライブレコーダーも同時取付をおすすめします

Grgo、Pantheraといったユピテル製セキュリティの場合、同メーカーから発売されているドライブレコーダーとセキュリティを連動*させる事ができます。
 
*連動とは、車両が停車中(エンジン停止中)であっても外部から車両に衝撃が加えられるなどした際には、即座にセキュリティ本体から送られる電源によりドラレコを起動させることが出来ます。
セキュリティが「警告」程度の弱い衝撃では約30秒間、また「サイレン警報」するほどの強い衝撃があった場合には、約90秒間電源を送り続けます。
*送る電源時間は設定により変更できます(最大で90秒まで)
*Grgoは連動ケーブル別売ですが、Pantheraには付属されます





40アルファード/ヴェルファイア専用 TV・NAVIキャンセラー
TVキャンセラーがONの時でも自車位置が追従するだけでなく、車両の重要な機能を損ねることがない設計です。【Bullcon- フジ電機を採用】

LCA(レーンチェンジアシスト)の有無で適合品番、および価格が変わります
LCAの装備グレード
・アルファード「エグゼクティブラウンジ」は標準装備
・アルファード「Z]はオプション装備
・ヴェルファイア は全グレード標準装備

LCA装備の有無に関して
LCAには「単独スイッチ」が無いためスイッチの有無では判断できませんが、弊社にて現車を確認させて頂ければ判別できますのでご相談ください。
*納車前の状態でも確認方法はございますのでご安心ください


 テレビナビキャンセラーON/OFFスイッチに関して

キャンセラーのON/OFFスイッチは純正空きスイッチパネル交換タイプと貼付けタイプがありますが、車種およびエンジンにより選べるタイプが限定されます。 詳しくはお問い合わせください

■価格はお問い合わせください。取付込みでお見積りいたします






copyright(C) Garagebaum All right reserved.