【音・革・命】サウンドシャキット



一世を風靡した あのサウンドシャキットが・・・
"Dynamic Sound Shakit" として新しく生まれ変わりました!






 
  PAシリーズLINE UP
純正システムの音質改善(フロント2CH)
PA-303J
フロント2チャンネル対応のパワーアンプを内蔵
◆操作しやすい全機能アナログ操作のコントローラー採用
◆ロードノイズに応じた音量・音質自動調整(Sound AI搭載)
◆ウーファー用アンプを搭載しており、専用ウーファーが後付可能
【OPTION】サブウーファー:¥18,000(工賃・税別)

¥52,000(工賃・税別)
純正システムには車種別ハーネス(別売)を使用すると便利です
   
純正システムの音質改善(フロント/リア4CH)
PA-306J

◆フロント/リア4チャンネル分のパワーアンプ内蔵
◆操作しやすい全機能アナログ操作のコントローラー採用
◆ロードノイズに応じた音量・音質自動調整(Sound AI搭載)
◆ウーファー用アンプを搭載しており、専用ウーファーが後付可能
【OPTION】サブウーファー:18,000円(工賃・税別)

¥84,000(工賃・税別)
純正システムには車種別ハーネス(別売)を使用すると便利です
 
  DRDシリーズLINE UP
純正とは切り離した独立型(セカンドオーディオ)
DRD-333DIY
◆ダッシュボード上にメインスピーカーを設置
◆シート下にサブウーファーを設置
◆メインアンプはウーファーとは別のシート下に設置
取付カンタン!これ1セットでシステムが完成します
スマートフォンの音源をシステムのBluetoothレシーバー経由で再生

¥75,000(工賃・税別)
   
純正も再生できる共用モデル
DRD-333SYS
◆ダッシュボードにメインスピーカーを設置
◆シート下にサブウーファーを設置
◆ウーファーとは別のシート下にメインアンプを設置
◆インターフェース追加により純正システムも再生可能です


¥83,000(工賃・税別)
   
   サウンドコントローラーの詳細        ■サブウーファー(OPTION) の詳細

 
  モデル選択アドバイス
プロセッサーとして使用するPAシリーズ
 ■ ご自身がメインで乗られるクルマでは、フロント優先の『PA-303J』がお勧めです。
 ■ ご家族みんなで乗られるクルマなら、全スピーカーにシャキット効果が得られる『PA-306J』をお勧めします。
 ※ PA-303Jのシステムでも、あとからメインアンプ&インターフェース購入で4CH仕様にグレードアップできます。
 
セカンドオーディオとして使用するDRDシリーズ
  軽トラックなど、オーディオシステムを組むのに制限がある車種には333DIYがお勧めです。
  あとからインターフェースを追加すれば純正システムとの共用も可能となります。
  メインアンプ側ですべての調整ができるので、「コントローラー無し」でもシステムは成立します。
ご自分で取付される場合は、メーカー直販をご利用下さい
サウンドシャキットはメーカー規定によりきませんご了承ください
  店頭デモ機(PA-303J)を設置しています(ロードノイズ対応機能・体感可能)

店頭デモ機には純正システムでも音の変化(改善)が体感していただけるよう、ヘッドユニットにMOVEカスタム(L175S)純正を採用しました。

またスピーカーは、トヨタ純正セパレートタイプで鳴らしています。

前サウンドシャキット以上の感動をお届けできると思いますので、まずは聴きにいらしてください。



  サウンドシャキットは取り付けもお任せ下さい
 当店は前モデルのシャキット販売・施工において、全国でも上位の販売・取付実績がございます。 安心しておまかせください。
 当店にて取付けさせて頂く場合、車種/システムによって作業時間・料金が異なります。詳しくはお問い合わせください
 お乗りの車種・年式・型式・システム等をご確認の上、お問い合わせくださいますようお願い致します。

 
お問い合わせは、電話/メール/ご来店にて承っております
 


戻る